ラルタンについて


midashi-06.png

明治37年5月 初代中條福蔵 熊谷市筑波町1-2に中條輪種店創業。(最中の皮・五家宝種の製造)
大正末~昭和初 秩父町宮側町に支店を置く。
昭和2年・10月

国産復興博覧会 五家宝種一等賞金牌授賞。

昭和4年 中條光之助・二代目継承。
昭和18年 第二次大戦(太平洋戦争)による戦時統制の強化で開店休業を余儀なくされる。市街地の為、敵機による空襲を避ける意味もあり、住所を現在地の榎町三番地に新築疎開する。
昭和20年8月 戦争終結。営業再開。(但し統制厳しく、住居南側に小屋を建て、黒塗りとし古めかしく見せかけ、すべて闇営業)
昭和27年5月 法人成立 有限会社 中條商店(資本金20万円)
代表取締役 中條光之助(五家宝種・きな粉の製造:年商2千万
昭和36年10月 中條光之助 代表取締役を辞任
中條育行・三代目継承・代表取締役就任。
昭和42年2月 商号変更中條菓子種工業有限会社とする。(年商3千2百万)
昭和42年10月 資本金増資50万円に増資。製餅の機械化進む(冷蔵乾燥丸削り方式)軽量鉄骨一部二階建て工場建築。(43番地内)
昭和47年6月 製餅自動機械化成る。(年商6千4百万円)
昭和48年8月 組織変更・資本金増資・中條菓子種工業株式会社・資本金5百万
昭和51年3月 重量鉄骨二階建て工場建築(44番地内)脱皮大豆加工始む。(年商1億8千万)
昭和53年11月 五家宝の製造直売始む、家号 花堤本舗と称す。(年商1億3千万)
昭和55年~56年 もち米価格暴騰。(五家宝種の価格 48・51・54年連続値下げ)
昭和59年3月 弥生町2-7に弥生店開店・花堤五家宝全国菓子博覧会・名誉大賞授賞(年商2億6千万円)
昭和60年10月 瑞花のあられ。おかきの仕入れ販売始む。(年商2億3千万)代用種(おこし種)の使用更に増大、当社製品需要減少始まる。
昭和61年3月 新店舗落成。(昭和18年建築:3番地の住所を取り壊し3F建てビル新築:1F店舗・作業所・事務所・2~3F住居)
昭和61年10月 花堤五家宝埼玉県優良県産品推奨認定さる。(年商1億8千万円)
昭和62年10月 花堤五家宝熊谷市観光協会推奨土産品認定さる。
平成元年5月 全国菓子大博覧会・名誉金賞授賞(年商1億7千万円)
平成元年8月 弥生店閉店。
平成4年4月 全国観光土産品連盟・日本商工会議所より全国推奨観光土産品認定。
平成6年4月 かすてら焼き饅頭製品販売。(平成5年産米大凶作・外米緊急輸入)
平成6年5月 全国菓子大博覧会・中小企業庁長官賞授賞(年商1億2千5百万)
平成6年11月 花堤五家宝・第1回彩の国優良ブランド品認定される。